×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

血管年齢は私たちの健康状態に大きく関係している

血管のエイジングケアで若々しい肉体を

血管を若く保つには肥満にならないことと魚をちゃんと食べることが効果的です。

 

肥満になってしまうと血管を健康にメンテナンスしてくれるアディポネクチンが減少してしまうので、血管が傷つきやすくなります。

 

そして特に血管の健康を維持するには魚の脂肪に豊富に含まれている必須脂肪酸のDHA・EPAがとても大切です。

 

このDHA・EPAが不足してしまうと血中の脂質バランスが崩れて悪玉のLDLコレステロールが増えすぎてしまうことで動脈硬化が進行して血管が次第に弾力性を失った硬く肥厚してしまいます。

 

すると血液の流れが悪くなり、心臓から送り出される血液の衝撃を柔軟に受け流すことができなくなってしまうため血管壁が傷つきやすくなります。

 

そしてまたその小さな傷から悪玉コレステロールが侵入してそこに沈着してしまうことでますます動脈硬化が悪化していきます。

 

動脈硬化が悪化すると血管の内腔が色々な部分で狭くなっていくので血圧が高まります。

 

そして血栓もできやすくなってしまうので心筋梗塞や脳梗塞などの合併症を引き起こしやすくなってしまいます。

 

このような理由から青魚に多く含まれているオメガ3系脂肪酸は血管の健康には必要不可欠です。

 

DHAサプリメントのきなりをお試しすれば血液をサラサラに改善して高めの血圧の心配もなくなります。

 

なので日頃からお肉よりもむしろ魚を食べる割合を増やすように食事を工夫することが将来の大きな血管疾患を起こさないためには重要になってきます。

 

一度、心筋梗塞のような血管疾患を患ってしまうと心臓の機能が低下してしまうので治ってもまた心臓に関連する病気を発症しやすくなります。

 

そして次第に心臓の機能が弱り心不全になってしまうというケースも非常に多いのです。

 

また血圧が高くなってしまうと心房細動のような不整脈が出やすくなるので、心臓でできた血栓が脳の血管で詰まることで脳梗塞のリスクも高まります。

 

このように血管が硬くなってしまうと様々な危険な血管系の合併症を招くリスクが軒並み高まるので注意が必要です。

 

特に家計で心臓病が多い場合には間違いなくそういった因子を受け継いでいるので一般的に考えられているよりもさらに用心しておく必要があります。